読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規のJUMPファンがメンバーを紹介してみるお話。7編

前回に引き続き、メンバー紹介7編です。

 

では 。はじまりはじまり。

 

【Hey! Say! 7】

あなたが昔Hey! Say! JUMPと聞いてパッと浮かんだメンバーが7に多いのではないだろうか。(昔っていつだよ)BESTはおふざけ多めと言ったけど、7は基本マジメである。正統派というべきか。とりあえず7の絡みを見ていると無意識に呪文のように「可愛い」と言ってしまう。

 

文字色がなかったのですが、薮くんのメンバーカラーは黄緑、圭人くんのメンバーカラーは緑です

 

岡本圭人 

イギリス育ちの帰国子女、心優しきジェントルマン。英語が堪能。とにかく優しい(2回目)。基本怒らない。ドM。お父様は男闘呼組(おとこぐみ)の岡本健一さん。最近とても似てきてメンバーにも驚かれる。ちなみに入所順だと1番後輩。メンバー1大食い。柔らかいアコースティックから鋭いエレキまでマルチに表現できるギタリスト。鏡大好きナルシスト。優しすぎてメンバーに譲るためフラれるまで喋らないことが多い。「けいと喋ってる?大丈夫?」「大丈夫だよ」とりあえずメンバーのことが、JUMPのことが大好きなのが彼である。

 

山田涼介

皆様ご存知、Hey! Say! JUMP不動のエース。今はシュッとしてるけど昔はプニョプニョで可愛かった。ストイックな努力の人。サックスを吹ける(当然 超かっこいい)。いつもふざけてるうるさいヤツら(主に伊野尾有岡八乙女中島)を一歩引いたところから見てる大人だが、たまに小学生みたいなテンションになる。かなりのゲーマー。高所恐怖症、閉所恐怖症、先端恐怖症、納豆嫌い、カエルが嫌い、絶叫マシンやお化け屋敷もダメ。いちご大好き、得意料理は「金目の煮付け」という女子力100点満点の人。

 

中島裕翔

平成なのに昭和顔とよく言われる。モノマネをしたりボケたりツッコんだり、「人を笑わせるのが好き」というJUMPの隠れ(?)ムードメーカー。抜群のスタイルで最近まで男性雑誌の専属モデルだった。趣味はドラム、カメラ、乗馬とハイスペック。しかもどれも結構ガチ。様々な事をそれなりに上手くこなせる器用なタイプ。自分のことを「ジャニーズ1のドラムバカ」と言い表すドラマー。好きな物が馬刺し、砂肝とかなりシブい。何でも一生懸命にやるとてもピュアな人。ピュアすぎてたまにかなり辛辣なことをいう(本人に悪気はない)。ファンサの神。

 

知念侑李

嵐ファンは皆知っているであろう、嵐ファン大野担ちねんくん。大野くんのサインも持ってるよ!JUMPメンバーみんなの弟、というかもはや孫。焼肉も誰かに焼いてもらう。ご飯に行けば払ってもらう。自分の可愛さをわかっているタイプの人なのでかなり確信犯である。真面目だし賢い。身体能力神レベル。お父様は元日本代表体操選手。アクロバットはお手の物、コンサートで空中ブランコの経験あり、最近はイルカの上にも乗った(立った)。ラップが櫻井翔に似ていると話題。人見知りで基本は家に引きこもっている。お友達は?「メンバーですね」。

 

いかがでしたでしょうか?

メンバーの魅力なんて私の語彙力では言い尽くせないしまだまだこんなもんじゃありません。(当たり前)

でもこれを読んでHey! Say! JUMPに興味を持っていただけたら新規ファンなりに嬉しい限りです。

リプライお待ちしております。

 

ではまた!

 

新規のJUMPファンがメンバーを紹介してみるお話。BEST編

どうも。こんにちは。

 

なんとも唐突ですが、前も書いたように私はこのブログを読んで下さっている方は自分のTwitterのフォロワーさんだと決めつけています。

 

私のツイートを見てくれてる方はお気づきかもしれませんが最近の私は

嵐ファンのみなさん!!

JUMPってこんな子いるよ!!!

と叫びたい、語りたい欲に苛まれているのです。

 

ツイートでTLを荒らすのは何だか気がひけるので(散々荒らしておいて言うな)、じゃあブログでやればいいじゃないかと思い立ち、完全なる自己満(ここ重要)で書き始めました。

気になる子の紹介を見るもよし、全員分見るもよし!え

 

完全なる自己満なので長くなること間違いなしなので読みたい人は、覚悟を決めて!

 

では!早速!はじまりはじまり。

 

まず、ざっくりした基本情報としてHey! Say! JUMP9人います。ジャニーズグループではメンバー数最多、全員が平成生まれです。兄組Hey! Say! BEST と 弟組Hey! Say! 7という2つのグループに分かれています。V6のトニセン、カミセンと同じです。

 

本当に長くなりそうなので今回はBEST兄さんたちだけ紹介します。年齢順になっています。ちなみに色はメンバーカラー。

 

【Hey! Say! BEST】

BEST兄さんたちを知りたいならばまずDVDのBESTコーナーなるものを見よう。私の個人的な意見だけど、BEST兄さんたちはYDKである。基本的におふざけ多めなくせにかっこいい時ほんとにかっこいいから「なんなん!お兄ちゃん達やればできるやん!!」と感じるとともにギャップに堕ちてゆく。では個人の紹介どうぞ。

 

薮宏太

最年長で、リーダーを決めていないJUMPにおけるまとめ役。最年長なのに甘えん坊。薮スマイルのお陰で今日も世界は平和です。サッカー大好き。雑学に強いためツッコミが的確でマニアック。綺麗な日本語で作詞した曲多数。とにかく音域が広い。私はこの人の声帯はどうかしてると思っている(褒めてる)。かと思えば不器用、天然のレベルを超えてポンコツぶりを発揮する。(洗濯機と間違えて洗濯物をトイレに入れるし、とりあえず料理ができない。)

 

髙木雄也

「たかき」だから濁点つけてはいけません。見た目がチャラいと言われる。太りやすいのが悩みで「今ダイエット中」とギャルみたいなことを言う。三浦翔平くんはお友達。海好きで湘南をよくドライブする。自分のファンを人妻と呼ぶセクシー担当。リアクションがとにかくでかいし、たまにオネエ。母親のことをママと呼ぶ。クールに見えて中身が本当に少年だし、セクシーの魅せ方をわかってると感じることが多くてこの人は策士だと私は勝手に思っている。

 

伊野尾慧

皆さんご存知、急にメディア露出が増えた革命児。とても綺麗な指でピアノの音を奏でる大卒理系男子。ネコ好き男子で有名だけど実家で犬を飼っていて可愛がってる事を知って欲しい。最近は可愛さが強いけどマッシュになる前はとてつもなくカッコいいんだという事を知って欲しい(今もかっこいいけどね)。テキトー王子なんて言われてるけどラジオで熊本地震で被災した方からのお便りを読みながら涙したのも彼だという事を知って欲しい。

 

八乙女光

バラエティ担当ひかるくん。ラップ担当光くん。宮城県出身。四人兄弟の末っ子で、兄姉とは年が離れている。おふざけ多め。漢字に弱いし、最近は九九を言えないことで有名。かと思えばとてつもないギャップを見せてカッコいいから本当にズルイ。細身なのに鍛えられた腕と指で力強くスラップするベーシスト。女装させれば山本美月と見分けがつかない。ネコが大嫌い。言葉遊びが絶妙な歌詞を書く。可愛いイラストが描けるし、料理もできる器用な人。

 

有岡大貴

主婦の味方のお昼のアイドル。光くんと同じくラップを担当。子供みたいに笑う。ブラックコーヒーが飲めない。遅刻常習犯だけど持ち前の可愛げで許される。可愛いなあと油断してるとこれまた凄いギャップ爆弾を秘めているからご注意を。DJをする姿なんて世の全女性が最終的には彼に惚れるんじゃないかと思う。ダンスがピカイチ。聴く曲の趣味が最高である。彼の中身を知れば、彼氏にするなら大ちゃんみたいな人が良いと思える最高爆モテイケメン男子

 

 

いかがでしたか?

BEST兄さんいいな、と思った方、

ぜひ私にリプライを。

 

次は7編!!

それぞれのきっかけのお話。JUMP編

前回は嵐編でしたので今回はJUMP編です。

 

今回は長くなりません…多分…

 

では。はじまりはじまり。

 

嵐ファンになってからジャニーズのことを色々知るようになっていたのでHey! Say! JUMPも知っていましたが、個人となるとNYCにいた山田くん知念くんしかわかりませんでした。

 

嵐ファンになって数年が経った頃(おそらく中2くらい)、ある雑誌にHey! Say! JUMPが載っていました。その時、私はある人に一目惚れをしました。(大げさだな)

 

「え、かっこいい… !♡」

 

その日に中島裕翔という名前をちゃんと覚えました。完全に顔がかっこよすぎてドツボでした。的のド真ん中射抜かれた感じです。顔から好きになった人、多分裕翔くんが初めてです。

ちなみに今も、「裕翔くんの好きな所は?」と聞かれたら答えはたくさんあるけれど「顔!」とすぐ答えると思います。もちろん内面も大切!当たり前!でも本当にそれくらい中島裕翔の顔は美しい。

 

話を戻して、そこから私は中島裕翔くんを応援するようになりました。Hey! Say! JUMPではなく、中島裕翔。

テレビに出てたら「あ!裕翔くんだ!」って思ったりドラマも見てたりしてたんですよ、Twitterでは全く呟かなかったけど。

 

そこから月日を経て、時は2015年。私は嵐のワクワク学校に初登校しました。もうここでわかりましたよね。大人になったJUMPさんに会うわけです。(大げさだな!!(2回目))

 

曖昧だったメンバーの顔と名前を一致させました。帰ってきた時のJUMPの感想は「とりあえず裕翔くんと髙木くんと伊野尾くんがかっこよかった」。(ここで伊野尾氏をカワイイじゃなくてかっこいいって見抜いた私すごくないですか)

 

そして気になり始めて24時間テレビは勿論、いろんな情報媒体をチェックし始める。

 

2016年1月。映画「ピンクとグレー」が公開。勿論見に行きました。とんでもない衝撃。俳優 中島裕翔と 俳優 菅田将暉の化学反応があまりに凄すぎて鳥肌モノで、裕翔くんのことちゃんと応援しようと決めました。(じゃあ今までは何だったんだっていうツッコミは唾とともに呑み込みましょう)

 

そんな矢先、やってきた忘れもしない2016年2月。先にファンになっていた妹がとんでもないDVDを買ってきた。

Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival

ファンの間で合法麻薬とまで騒がれたトキメキ度200%の2時間程。

 

 

 

 

 

 

…はい。降参です。ファンになります。

去年大ヒットした某ドラマのセリフで「カワイイの前では全面降伏」とありましたがまさにソレです。明らかに私の頭のキャパを超えてきました。気になった方はぜひご覧あれ。

 

で、たくさん勉強して、今に至ります。

 

アレ?大ちゃんも好きだったよね?って思ってくださったそこの貴方。

勘が鋭くていらっしゃる。

裕翔担だけど、有岡くんも大好きなんです。

なので有岡大貴に射抜かれた時の話もあるわけで。

 

まあ、また今度にしますね。

 

 

 

どうでしたか?

ただのオタクだったでしょ?

 

 

それぞれのきっかけのお話。嵐編

はじめましての自己紹介で嵐とHey! Say! JUMPのオタクですと言ったので、とりあえずそのお話からしようかなあ、と思いまして。

 

タイトルにもある通り、今回は嵐さんのお話です。

 

これを読んでくださっている方はほとんどがTwitterのフォロワーさんだと私は勝手に決めつけているのですが、Twitterでもきっかけの話ってあまりしてなかったなあと思ったのでブログに綴ります。

 

先に言っておきます。

長いです。

とりあえず長いです。自分の文章力どうにかしたい…

戻るなら今です。

 

では、はじまりはじまり。

 

2007年。当時私は小学3年生。

SMAPは知っていたけどジャニーズ事務所なんて、ましてや嵐なんて全く知らなかった私の周りの女子の間で、あるものが話題になり始めます。

「昨日のハナダンみた?」「道明寺ヤバくない?」「類かっこよすぎた」

そうです。かの有名ドラマ「花より男子2」です。私の親友Aちゃんはそこから嵐ファンになり、ずっと嵐、嵐と言っていたのを覚えています。私は「アラシ」というアイドルがいることを知りました。

しかし、私はその頃ほんっとうに(あなたが驚くくらい)ドラマやテレビを見ない子供でした。なので、へーえ、そんなのあるんだ、くらいに思っていたのです。(何故そこで見なかったんだ自分)

 

けれど、ある時「花より男子」の再放送を見たんです。母が見ていて。あ、面白い と思いました。

でもすぐにファンになったわけではありません。1年後には映画「花より男子F」が公開されましたが、花男の映画かー、友達と見に行きたいなーくらいに思いつつも結局見に行かず。(バカなのか自分)

 

すると母の方が先にファンになり、ひみつの嵐ちゃんを見始めました。

私も影響されて見るように。

「何この人達!!かっこいい!!おもしろい!!」

 そこからファンになっていきました。コンサートDVDを見たり、ベストアルバムを聴いたり。ただ、FCにはその時はまだ入らず。

 

そんな折、奇跡のような事が起こるのです。(ドキュメンタリーかよ)

先程も出てきた親友Aちゃん、Aちゃんのお母さんは嵐のFC会員でした。母同士も仲が良くて、よく嵐のことを教えてもらっていました。そのAちゃん母が風景魂※1に見事当選し、私と母が同行者として行けることになったのです。

(ちなみに私は母からのサプライズでコンサート1週間前まで行くことを知らされず、聞いた瞬間泣きました)

 

しかも!!!!!その席が!!!

いわゆる神席!!!!

アリーナDブロック!!!

 

FC入ってない奴がですよ?初コンサートでアリーナ?客観的に考えるとなんともけしからん…

 

花道 センステに激近かった。5人がほんの数メートルの距離に。今思い出しても鳥肌が立ちます。

そして京セラドームから出てきた瞬間、母が言いました。

「よし、2人でFC入ろう。」

もう次の日には私と母、さらにはコンサートに行っていない妹までがFCに入っていました。

 

と、ここまでが嵐ファンになるまでのお話でした。

今思えば、Aちゃんがいなかったら私どうなっていたんでしょうね … (笑)これは嵐さんだけじゃなくて様々なことに言えると思うのですが、出会いってすごい。

 

さて、松本潤担になる話、聞きます?

それはまたの機会に。

 

 

 

※1 ARASHI 10-11 TOUR "Scene"~君と僕の見ている風景

はじめまして

来てくださりありがとうございます。

はじめまして。

自分の長い独り言のためにずっと始めたいなあと思っていたはてなブログを遂に始めてみました。

 

ジャニオタ女子です。

嵐とHey! Say! JUMPを応援しております。

Hey! Say! JUMPに関してはいわゆるド新規です(でもたくさん勉強しました)

 

その他の事に関しては追々お伝えしていくとして。

よろしくどうぞ。