ピーチガールのお話。(ネタばれあり注意)

映画「ピーチガール」を2回見てきました。思っていた以上に余韻がすごいのでブログに書こうと思い書いています。

 

まず初めに前提として私は少女マンガは大好きですが、少女マンガ原作のいわゆる胸キュンラブストーリー映画を今まで見てこなかった人間でした。アオハライドとか、ストロボエッジとか、ヒロイン失格とか、一度も見たことありません。ラブストーリーは好きだけどどうしてもマンガ原作ものってやっぱりマンガの世界じゃないですか。小中学生はキュンキュンするだろうけど、大学生の私がキュンキュンするなんてことある!?と勝手に思って、申し訳ないけど「ピーチガール」もそこまで期待していなかったのは事実です。今すごくごめんなさいと叫びたい。

 

完全に間違ってました。

大学生(18歳)、キュンキュンできました。

 

とりあえず思ったままに書きます。なんの脈絡もなくつらつらと書き連ねます。

 

岡安タクシー

私が1番キュンキュンして、1番大好きと言っても良いシーンである。(あれ?もしかして私ってけっこうベタなのが好きなのか…?)まず「とーじの居場所を知りたければ、おとなしくしろおーーー!!!」って言ってるカイリくん最高すぎて無理。「可愛い」でもないし「かっこいい」でもない。「最高」なのだ。もうなんかいろいろ突っ込むところはある。それは確かだ。「こんな人現実にいたら引くわ…」とか「え、傘飛んで行ったけど取りに行かないの!?」とか。でもなんだかんだ少女マンガ原作だから、という一言で片付く。少女マンガって最高。

 

イケメンな伊野尾くん

ピーチガールが伊野尾慧主演で映画化、という情報を知った時、すぐに原作を読んだ。そして歓喜した。

「黒髪ストレートの伊野尾さん見れる!?!?!?」

原作の岡安浬はストレートヘアーの黒髪で(後で茶髪と知るのだがその時は白黒ページだったので黒髪だと思った)、やっと、やっと、伊野尾くんが髪型を変えるのだと歓喜した。もちろん別にマッシュが嫌いなわけではないけど、私は黒髪ストレートの伊野尾慧が大好きだ。茶髪マッシュより黒髪ストレートヘアの方が断然カッコいい(私調べ)。だから、久しぶりに「可愛い」から「かっこいい」になるんだとワクワクしていた……

 

ら。

 

髪型変わらず。

 

え…可愛いまんまじゃん…いや別にいいけど可愛いカイリくんなの??と少し落胆した。

しかし!!!映画見てみたら!!!

 

カイリくんかっこいい!!

伊野尾くんかっこいい!!!

 

え、ほんとにごめんなさい。そこまでかっこよさに期待してなくてごめんなさい。もう謝るしかなかった。スクリーンの中にいた伊野尾くんは本当に学校イチモテモテでも何ら疑問はないくらいイケメン男子で、いつもは、可愛い>かっこいい、こういう式なのにスクリーンの中では全く逆だった。ほんっとにかっこよかったんだよ〜〜〜!!!伊野尾慧、恐るべし(震え)

あと、一個思ったんだけどさ〜(圭人風)、この役、JUMPの他メンバーでやるってなるとかなり厳しいものがある。「ふぇ?」っていう反応もマーキングのシーン(!)もそっからの「バイバイバーイ♪」っていう意味不明すぎるバイバイの仕方も伊野尾慧だからできたと思う。「チャラそうだけど真面目」この表現が伊野尾くんととても重なってよかった。

 

ももちゃんが可愛い

これは見る前から覚悟してたけど山本美月は最強に可愛い。たとえ日焼けした色黒のメイクをしていても可愛いんだからずるい。

最強に可愛いセリフ3連発。

「断る理由はござーせんっ!♡」

「とーじのおよ、およ、およめさんになれますよーに」

「私の1番になって」

もうね、キャパオーバーですよ。無理だ。可愛いが私のキャパを超えた。そりゃ夏祭りで取り合いしたくなるわな。だけど、たとえ傷つけられたとはいえあんなイケメン2人に手を引っ張られてどっちも振りほどいたももちゃん、最強すぎやしないか。私ならすぐどっちかとくっつくわ!!!(チョロい)やっぱ可愛いは最強なんですね…

 

ラスト

ラストは泣ける。2回とも泣いた。2回目は、カイリが送ったラインがさえが送ったものだとわかっていたのに泣けた(やはりチョロい)。あと何がすごいってみんながみんな、自分が幸せにしたい(幸せになってほしい)相手、劇中の言葉で言うなら「最高の恋の相手」を、相手のために諦めようとすること。みんな優しーーーーーい!!(泣)ナニコレ!私最高の恋とか見つけたことないからわからん!!みんな自分の気持ちもっと尊重しな!!(誰)

 

音楽

好きなドラマや映画のサウンドトラック大好き人間なのだが、ピーチガールではさえのシーンで流れる音楽が1番好きだ。何とも言えないあの小悪魔感。最&高。ピアノで弾きたくなる。後、YUKIの「ドラマチック」。何なんだ、あの中毒性は。見てきた日の晩は何だかもう一度あの曲が聴きたくなって調べたら公式Youtubeにショートバージョンがあって、聞いたら何だかすごくシーンが蘇ってきて幸せな気分になってその日はよく眠れた。(何の話だよ)とりあえずずっと何回も聴いてる。

 

何とか聞き取りたい

カイリ&もものデートシーン、何とかセリフを聞き取ろうとしたけどやっぱり2回で全部は無理だった…でもとりあえず2人が幸せそうなのはわかるので最高である。切実に聖徳太子の耳が欲しい。

 

ファッション

カイリくんの制服の着こなしがこれまた最&高なのだよ…ツボすぎ…まずね、私パーカー大好き人間なんですよ。(知らんわ)あれでさ、バスケするって普通に考えてずるくない??私今まで体操服でバスケやってる人か、ユニフォームでやってる人しか見たことないんですけど??(前者は言うまでもなくただの体育の授業)

そして私服もかっこよかった…私の大好きな黒ハット…ああ…(死亡)

ももちゃんのお洋服もとても好きです!特に最後のシーンのスタイルが大好き!!可愛い!

 

 

 

よし!全部書いたぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まって…

 

気づいたら2000文字超えてて恐怖しかないです。

1つの映画について原稿用紙5枚分も書いた…嘘でしょ…

伊野尾担でもないのに!!!

小論文が苦痛でしかなかったのに!

大学の1600字以上のレポートにあれだけ苦しんだのに!

もう先生!これからはオタクに優しいレポートテーマにしてください!!!

 

 

 

 

とりあえず私の頭の中では今でもたまにカイリくんが「もーもちゃん!!今日も可愛いね!んーまっ♡」って言ってます(かなり危険)