Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018のお話。前編

タイトルからもわかるように、Hey! Say! JUMPのドームツアー大阪公演に行ってきました。しかも2公演も。ということでレポというよりかは自分の備忘録としていろんなことを書こうと思います。先に言っときますが自己満なので2つに分けたにもかかわらず、めっちゃ長いと思います。

 

と、その前に。

 

だいぶ遅刻だけど知念くん光くん

お誕生日おめでとう〜〜!!!

(言い訳じゃないけど、ブログ書くの忘れてたわけじゃないんですよ。学生の敵、定期テストと戦ってました。)

 

私、裕翔くんと他メンバーっていうコンビでいうとゆとゆりゆとひかありゆとがめちゃくちゃ好きなんですよ。(知らん)いつも裕翔くんとわちゃわちゃしてくれてありがとう〜!!(誰)素敵な一年になりますように! 

 

さて、始めましょう。

※私は12/9(土)と12/10(日)の公演に参戦したため、この記事では9日の公演を1日目、10日の公演を2日目と書いています。

 

座席

2公演も行けたと書いたけど、今回人生で初めて制作開放席が当たった。1日目はその制作開放席。正直、制作開放席って全く期待してなかった……んだけど!!入場ゲートで印刷されたチケットにはスタンド下段の文字。え?期待してなかった割に普通に良くない?焦り出す私と妹。入って見たら結構メンステに近かった。ただ、1つ難点を挙げるとすればすごく端なのでメインスクリーンがほとんど見えなくて、会場内の所々のスクリーン?も遠かったことかな。2日目は妹名義のチケット。入る前から妹が「今回は悪い気がする」と繰り返していた。この妹、初コンサートでアリーナ花道に劇近ないわゆる神席を当てた強運の持ち主だ。だからその言葉を半分信じつつもどこかで信じていなかった。そしたら。スタンド上段の1列目。え、捉え方によっては悪いのかもしれないけど普通に良くない?(2回目)そもそも私はもちろん一応席は気にするけど、同じ空間にいるだけで涙が出て来るオタクなのでどこの席でも十分、いや十二分なのですよ…。ちなみに2日とも一塁側でした。

 

公演内容

OP

まず、開演3分前に全てのスクリーンに砂時計の映像が流れます。本当に3分計で、砂が落ちていくのが目で見れるからもうワクワクがどんどん膨らんでいくんですよ。それに加えて、セットの柱で映像の時計が動いているんだけどそれの秒針のカチカチという音がどんどん速く、大きくなっていって、「じゃんぷ、じゃんぷ」とコールしながら、もう始まるんだ〜っていうのが体感としてわかる。ドキドキがすごい。オープニングはメンバーが2007年からその年を表す砂時計を1つずつ、10個置いていくっていう映像から。いつものコンサートのようにメンバーそれぞれの映像があってUMPからスタートです。

UMP

スタンド席だと、上から登場するところが見えるんです。スモークから9人の頭が見えた時の興奮たるや。光くんがラップを「そう大阪のため」って変えて歌ってくれたよ!1日目はいのありが2人で謎なダンスを踊ってた。なんなんだこの2人は。私たちファンも一緒に踊るしいつもUMPの一体感はすごいよなあ。

ドリカム

ドリカムは薮くんの合図でみんな一緒にCメロ歌うのが楽しいよね!!UMPからのドリカムの流れがすごく好きです。

Endless Dream

イントロ流れた時の歓声がハンパない。もちろん私も絶叫した。まさかエンドリ聴けるとは…(泣)知念くんがTEN JUMPの時のように「大阪守り続けるでしょう」って歌ってくれた。山ちゃんの「この身の全て慈しむなら」はやっぱりかっこよかった。生で聴けて感激。

RWM

エンドリからのRWMなんてかっこいいに決まってるじゃないですか。かっこよさに震えてたら薮くんラップ言えてない。可愛い〜!!

ビバナイ

イントロ流れた時のファンの「はい、きた〜〜!!!」感がすごい(伝われ)ちなみに私がすごく楽しみにしていた有岡くんパート終わりのコードブルーネタありゆと絡み。1日目は

裕「ドクターヘリ、エンジンスタート」

有「白石先生ね。映画は7月27日公開でーす」

2日目は

裕「患部が良く見えない。もうちょっと見せて。」

有「誰ーーーー!!(>_<)(リアルにこの表情)」

でした。

ちなみに有岡くん、1日目の白石先生じゃなくてヘリ担当の町田さんだし2日目が白石先生だよー!!!薮くんはwow wow〜のところを「おーさーかーだいすきー」って言ってくれた。伊野尾くん紹介パートで「アイドル系?いや伊野尾慧!」の後に「おっけー!」って満面の笑みでたこ焼きポーズみたいなことする伊野尾くん。おかげで高木くん笑って歌いづらそうだったよ。

OUR FUTURE

個人的に大好きで、ずっといつか生で聞けたらいいなと思ってた曲だからすごく嬉しかった。やりたかった始めのラップもできた!途中から7がはけて、BESTの5人に。この流れは…?とドキドキした。

Sweet Liar

はい。きた。問題はこれです。色気。この2文字に尽きる。衣装はアリーナ魂と同じ赤に黒いラインの衣装。もう今回のコンサートの私の思い出の半分くらいはこれにもってかれてる。BEST担の妹がコンサート終わってからずっと聞いてやばいやばいって言ってるくらいだから相当。圧倒的色気。年下のグループがましてやデビュー当時14歳だった彼らがあんな色気纏うなんて反則です… 死ぬだろうなと思ってた裕翔くんの「もっと魅せろよ」でちゃんと死んだ。(ちゃんととは)

スタートデイズ

待ってましたベストコーナー!まずは映像からスタート。ある一室で、今年のベストコーナーで何やるかを会議してる5人。光くんだけがホワイトボードの前に立っていろいろ書いてた(他4人は座ってる)。ここからは完全ニュアンス。

光「スーツで伊豆行くのもいいかなって思ったんだけど…」

薮・伊・高「スーツねえ…」

薮「やっぱBESTはコントでしょ」

大「あーーーーー!!!(資料を全部破る)」

4人「大ちゃん!?」

大「やめだやめだやめだ!!もっと新しいことやろうよ!先を見据えてさ!ほらマジックみたいな!帽子から鳩だすみたいなさ!!」

光「ばっきゃろー!!(大ちゃん殴る)」

伊「殴る方も…痛いんだよ…(小声)」

光「タピオ…有岡!!何が新しいことだ!先をミスコシタ見据えただあ!?(字幕でもこう訂正されてるの面白かった(笑))お前はいつも水平線を見てるのか!?母親に魂でも売ったんか!(ここで大ちゃん映るんだけどもう笑っちゃってる)思い出せ!俺たちが出会ったあの頃を…!」(映像終了)

ここからステージに半袖に半ズボン、黄色い帽子かぶってランドセル背負った5人が順々に登場。登場はツイッターにレポ載せてくれてる人がたくさんいるので是非(おい、楽したな)。やぶひかが、なべなべ底抜けやってたの可愛すぎたよね。

裕翔くんドラムコーナー

これがね。意味わからない可愛さ。一通り叩いたらぶりっ子みたいなポーズするんですよ。それで私たちファンががキャー!!!って言ったら可愛い?可愛い?って口パクで聞いてきて。可愛いー!!!っていうとすごい可愛い顔で笑うんですよ。(>▽<) ←リアルにこんな感じの顔。バキューンっていう銃の音の時にはすごいカッコつけて、これまた口パクでカッコいい?って聞いてきて、私たちがカッコいいー!!っていうとまた子供みたいに笑うんです。なんだこれ。天国か。今回面白かったのが、普通のドラムセットに加えて、叩いたらいろんな面白い音が出るドラムパッドのようなものがあったこと。先程のバキューンの音に加えて高木くんの声も!「めちゃくちゃにして?」とか言うんですよ?その後に顔面が美しすぎる中島裕翔がドラムめちゃくちゃに叩くんですよ?死ぬしかないよ…はあ。「俺、ゆーや」(イケボ高木くんボイス)っていうのと、すごくハイテンションな「Yuto!!!」(裕翔くんボイス)っていうのがあって、それを組み合わせて1日目も2日目もも「俺、Yuto!!!」ってやってたけど日曜日は叩き損ねて、普通に「俺ゆーや。」になっちゃった裕翔くん。そしたらすっごいちっちゃい声で「間違えた…」って漏れちゃったのがマイクに拾われてて可愛すぎたよね。そしてスタッフさんがカメラを持って近くまで寄ってくれるからキックとか足の動きも全部見れた。幸せすぎた。

バンドコーナー

まず圭人が登場。ギターソロを披露したのち、ドラムとギターでユアシ、スパデリ、FTを演奏。その後に7が出てきて冒険ライダーをファンと7で歌う。やっぱりみんなで歌うのいいよね。言うまでもないけど全てカッコ良すぎるしバンドアレンジやっぱ最高ってなるね。続いて光くんが登場してベースソロ。ベースってなんでこんなにかっこいいんだろうか。そっからのありせかバンドver. 。このありせかがかなりハードになっててびっくりするくらいかっこいい。そこからバンドでTTT、Dash!!と続く。Dash!!生で聞くの夢だったから叶って嬉しかったなあ。キーボード弾いてる伊野尾さんがカメラに抜かれる時にはほとんど知念くんがぎゅーっとくっついてて可愛かった。ここでスポットライトが当たっていない暗闇のところで山田くんがスタッフからサックスを受け取るところがはっきり見えた。は!?サックス!?え!?パーフェクトライフですか!?って思ってドキドキしてた…ら。

Ignition

ここにきてIgnitionがくるとは。モニターに映った裕翔くんの表情が、スポットライトも相まって儚すぎて私は大号泣。彼は幻で、今すぐにでも消えてしまうんじゃないかと思って涙が止まらなかった。そして、Cメロの「ねぇ もしも幸福が見えるとしたら それはこんな景色の事じゃないかな そう思うよ」という歌詞でまた泣いた。2日ともここのパートは思わずドーム内を見渡した。ペンライトがほんっとに綺麗で。こんな景色だよね、そうだよね、って思った。そのCメロの後に山ちゃんのサックスソロ。メロディが切ない。薮くんが「君が恋しくて」とソロで歌うんだけどその高音がまた切ない。Ignitionは全体的に胸がぎゅーっとなった。

From.

イントロと共に裕翔くんが「さあ、しっとりした後はやっぱりこの曲だよね!みんな大好き、フロム!!」ってめちゃくちゃ可愛い顔で言ってスタート。全員すっごく可愛い。すごく感動するバラードの後にこれだからずるい。やぶゆとが独自のダンス踊ってた。可愛い。圭人が山ちゃんに絡んで山ちゃんが歌えてなかった。可愛い。最後のアウトロで9人揃って手をフリフリするダンス。可愛い。結局この曲は可愛いしか言えなかった。

切なさ、ひきかえに

あまりに驚きすぎて「え、嘘やん」とつぶやきにしては結構な大きさの声が漏れてしまった私は妹にめっちゃ笑われた。色々あってお蔵入りとまで言われてた名曲。生で見れるなんて。蔵から引っ張り出してくれてありがとう。とりあえず薮くんの詞の素晴らしさとダンスの素晴らしさに浸ってた。やっぱりこの曲最高だ。

JUMPing CAR

またまた驚いて「嘘やん」と呟いた。こういうアルバムリード曲ってそのツアーでしかやらないことが多いから。びっくりしながら喜んでたら1日目、奇跡が起こった。私は裕翔くんエアハグしてっていううちわを持っていて(こうやって書くとちょっと気持ち悪さあるな)。この時なぜか私の前の列の人が右に寄っていて、私の前の席に誰もいない状態。スタトロで裕翔くんがこっちに来たから、わーラッキー!前の人いない!めっちゃ裕翔くんの顔見れる!!って喜んでた。次の瞬間、裕翔くんがこっち見て、エアハグをぎゅって。

!?!?!?!?え!?!?!?

裕翔くんはその後すぐに別の人にファンサしててたから、それは私に向けてくれたものなのか確認はできなかったけど、隣にいた妹と顔を見合わせて「…え?今の…そうだ…よね?」って。そこから1日目はこの曲の記憶がありません。2日目にやっと落ち着いて見れました。DVDで何十回とみた「今キミに キミに キミに jump in love 」のいのありを見れて嬉しかった。

真剣サン

安定に盛り上がる。Aメロで1オクターブ上げて裏声で歌ったり、「My sweet honey honey 唯一俺!!」って言ったり楽しそうだったなあ、伊野尾さん。

キミアト

全員のセリフは2日とも「めっちゃ好きやねん」でした。この曲は何回聞いてもいのちね可愛い。手を合わせたり、ハート作ったりぎゅっとハグしたり。最後に知念くんが「めっちゃ愛してる」とセリフを言って次の曲スタート。

愛ing

もうこの流れがすごい。先に言ってしまうとこの後新曲のホワラなんですが、キミアト⇨愛ing⇨ホワラという流れがさすがだなと思った。ドームにピンクのハートの風船が飛んでる幻覚が見えそうだった。「手を繋ぐ〜」のところでメンステで肩組んで揺れる9人。ずっとこのままでいてね。裕翔くんがギリギリまでファンサしてて薮くんが早く早く!って感じで手招きして呼んでて可愛かった。

White Love

イントロが始まらなくても暗転の中で9人がハートになった時点からみんなが叫んでた。やっぱり私は裕翔くんパートの振り付けがすごく好きです。2番も早く聴きたいなあ。最後に大量の白い羽がバーっと舞って、その中で踊る9人、これぞ多幸感。

そして前半は終了。

 

と、ここまでが前編でした。とてつもなく長かったけど、ここまで読んでくれた猛者はいるのでしょうか。

 

もちろん後編も書きますので。

できるだけ早く書きたいけどいつになるかな。