読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それぞれのきっかけのお話。JUMP編

前回は嵐編でしたので今回はJUMP編です。

 

今回は長くなりません…多分…

 

では。はじまりはじまり。

 

嵐ファンになってからジャニーズのことを色々知るようになっていたのでHey! Say! JUMPも知っていましたが、個人となるとNYCにいた山田くん知念くんしかわかりませんでした。

 

嵐ファンになって数年が経った頃(おそらく中2くらい)、ある雑誌にHey! Say! JUMPが載っていました。その時、私はある人に一目惚れをしました。(大げさだな)

 

「え、かっこいい… !♡」

 

その日に中島裕翔という名前をちゃんと覚えました。完全に顔がかっこよすぎてドツボでした。的のド真ん中射抜かれた感じです。顔から好きになった人、多分裕翔くんが初めてです。

ちなみに今も、「裕翔くんの好きな所は?」と聞かれたら答えはたくさんあるけれど「顔!」とすぐ答えると思います。もちろん内面も大切!当たり前!でも本当にそれくらい中島裕翔の顔は美しい。

 

話を戻して、そこから私は中島裕翔くんを応援するようになりました。Hey! Say! JUMPではなく、中島裕翔。

テレビに出てたら「あ!裕翔くんだ!」って思ったりドラマも見てたりしてたんですよ、Twitterでは全く呟かなかったけど。

 

そこから月日を経て、時は2015年。私は嵐のワクワク学校に初登校しました。もうここでわかりましたよね。大人になったJUMPさんに会うわけです。(大げさだな!!(2回目))

 

曖昧だったメンバーの顔と名前を一致させました。帰ってきた時のJUMPの感想は「とりあえず裕翔くんと髙木くんと伊野尾くんがかっこよかった」。(ここで伊野尾氏をカワイイじゃなくてかっこいいって見抜いた私すごくないですか)

 

そして気になり始めて24時間テレビは勿論、いろんな情報媒体をチェックし始める。

 

2016年1月。映画「ピンクとグレー」が公開。勿論見に行きました。とんでもない衝撃。俳優 中島裕翔と 俳優 菅田将暉の化学反応があまりに凄すぎて鳥肌モノで、裕翔くんのことちゃんと応援しようと決めました。(じゃあ今までは何だったんだっていうツッコミは唾とともに呑み込みましょう)

 

そんな矢先、やってきた忘れもしない2016年2月。先にファンになっていた妹がとんでもないDVDを買ってきた。

Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival

ファンの間で合法麻薬とまで騒がれたトキメキ度200%の2時間程。

 

 

 

 

 

 

…はい。降参です。ファンになります。

去年大ヒットした某ドラマのセリフで「カワイイの前では全面降伏」とありましたがまさにソレです。明らかに私の頭のキャパを超えてきました。気になった方はぜひご覧あれ。

 

で、たくさん勉強して、今に至ります。

 

アレ?大ちゃんも好きだったよね?って思ってくださったそこの貴方。

勘が鋭くていらっしゃる。

裕翔担だけど、有岡くんも大好きなんです。

なので有岡大貴に射抜かれた時の話もあるわけで。

 

まあ、また今度にしますね。

 

 

 

どうでしたか?

ただのオタクだったでしょ?